沢海陽子ンち

沢海陽子のブログへようこそ!
<< いつぶりの帰省…? | main | ザ・サプリメント >>
ピュアピュアな少年
人混みがイヤで、ゴールデンウイークとか休日は、極力、家にこもっていたい私ですが、

6、7日と、実家の新潟に帰省して参りました。

行きの北陸新幹線の指定席は、結構ガラガラ。自由席の状況は分からないけどね。

「おっ!この分だと帰りも意外と大丈夫かな?」

と思ったけど、それはやっぱり無理だった〜〜!

帰りの東京行きは、指定席もいっぱい。当然、自由席目当てでホームに並ぶお客さんもいっぱい。

私はそうそうに諦めて、せめて人が少ないであろう、指定席車両のデッキに逃げ込んだのでした。

案の定、人はいなくて、快適〜。

東京までは2時間だしね。

本なんか読んでいたら、あっという間だから、立って帰るのなんて楽勝なのさ。

そんな感じで1時間ほど進んだ、高崎駅でのこと。

若いお母さんと、幼稚園の年長さんくらいの男の子が乗って来ました。

ホームには、まだ若いおばあちゃんがお見送りに来ています。

すると私の背後から、その男の子が、

「おばあちゃん、大好きだよ〜!」と。

でも、新幹線の機械音がうるさくて、おばあちゃんにはその声は届いていなかったみたい。それを見たお母さんが、

「あっ、聞こえてないみたいだよ」そう言うと、もう一回、

「おばあちゃん、大好きだよ〜!」

私、生まれてこのかた、あんなにピュアに「大好きだよ」って人に言ったことあるかしら?

その子の顔を見たかったけど、いきなり振り向いたら変な人と思われちゃう。

私はホームにいるおばあちゃんの方を向いて、じっと背中越しに、その子の言葉を聞いていたのでした。

少年よ。あまりに、どストレート過ぎて、おばちゃん少しウルッと来ちゃったよ。

バッターだったら、三振だね。


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 15:30 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:30 | - | - | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ PROFILE
+ リンク
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ LINKS