沢海陽子ンち

沢海陽子のブログへようこそ!
シロナガスクジラのようこ
マウスプロモーションの声優たちが動物に紛する「マウスどうぶつえん」

一話30秒ほどのアニメ動画です。

私は「シロナガスクジラのようこ」をやっております。

なぜかクジラ、でして…。

自分の動物キャラを決める時に事前に打ち合わせをするのですが、

「私、クジラがいいな」

と、真っ先に思いました。

どのくらい前かわからないけど、クジラの写真集を初めて見た時、

大海原で躍動しているクジラに心が吸い込まれそうになりました。

雄大さと、おおらかさと、孤独感……

そんな感じが、一瞬にして惹かれた理由なのかな…、なんて自分では分析しております。

そんな訳で、

「シロナガスクジラのようこ」になったとさ。

ただいま「マウスどうぶつえん」にて、YouTubeにアップされております。

他のみなさんのキャラクターも、合わせてご覧くださいませ。

ところで、

雄大さと、おおらかさと、孤独感…って、

それって多分、私の理想の男性像…(笑)


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 11:35 | - | - | pookmark |
若い芽を摘む…って、あるけど…
先日、道を歩いていたら、ツツジから新芽が伸びているのを見かけました。

新芽って、ツヤツヤしてるし、きみどり色がきれいだし、

私は好きなんだけど…。

「これ、きっと、剪定されちゃうんだよなぁ〜」


なんか世の中と違うんだね。植物の世界って。

だって、もともとある木を守るために、若いヤツを剪定、つまり切る訳でしょ?

だから植物の世界は、年寄りがそこに君臨し続けるって事だよね。

「若い芽を摘む」って言葉は人間界じゃ、新人つぶし的な、あまり良い意味ではないのに、植物界では良い事なんだね。

ところで、家のリビングには観葉植物のポトスがあるんだけど、

あいつらはとても生命力が強くで、新しい若い芽がどんどん伸びてきちゃう。

だから、かわいそうだけど、仕方なく若いヤツを切ってしまうのですが、

時々、私の気が向いて、小さな鉢に移して、命を救ってあげることがあります。


そんな風に増やした鉢が5つ…。

なんか、こんな事を思いました。

おそらく、若い芽は摘まれるものなのでしょうね。

そして最終的に、ふと誰かの目にとまった者だけが成長してゆく………。

「若い芽を摘む」って、実は若い人への叱咤激励みたいなふうにもとれるなぁ。

…なんて、道端でツツジの新芽を見ただけで、こんなめんどくさい事を考える私……。

暇なんじゃん!


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 15:48 | - | - | pookmark |
ザ・サプリメント
以前、ややお高めなサプリメントを飲んでいた事があります。

その効能をざっくり言えば「頭の疲れをとってくれる」とのこと。

成分はホタテから抽出している奴らしく…

とにかく、これがなかなか効いている感じがしたのですよ!

熟睡できて、朝、頭がスッキリしているし。

それで、少し続けて飲んでいたのですが、ある日、ふっと思いました。

「あれ?私、このサプリメントに頼り始めてるんじゃない?」

失くなりそうになると、少し焦っちゃったりしてね。

これはもはや「依存」だ〜〜〜!

このサプリメントには全く問題はないんだけど、私は自分の中に芽生えた、この気持ちがイヤで、飲むのをやめたのでした。

その結果、私の出した結論は……

「サプリメントは効かないくらいで丁度いい」(笑)

よく「サプリメントって、効いてるか効いてないのか分からないよね」なんて聞くけど、

それが良いのかも。

はっきり効果は見えないけれど、健康を支えてくれる食品。

はっきり効いたら、それはもう薬だもんね〜。

と言う訳で私は今、アミノ酸とクエン酸が入っている、もろみ酢のカプセルを地味に飲んでおります。

それと、ヤクルト!

少し、子供の頃に帰ってみました………。


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 13:05 | - | - | pookmark |
ピュアピュアな少年
人混みがイヤで、ゴールデンウイークとか休日は、極力、家にこもっていたい私ですが、

6、7日と、実家の新潟に帰省して参りました。

行きの北陸新幹線の指定席は、結構ガラガラ。自由席の状況は分からないけどね。

「おっ!この分だと帰りも意外と大丈夫かな?」

と思ったけど、それはやっぱり無理だった〜〜!

帰りの東京行きは、指定席もいっぱい。当然、自由席目当てでホームに並ぶお客さんもいっぱい。

私はそうそうに諦めて、せめて人が少ないであろう、指定席車両のデッキに逃げ込んだのでした。

案の定、人はいなくて、快適〜。

東京までは2時間だしね。

本なんか読んでいたら、あっという間だから、立って帰るのなんて楽勝なのさ。

そんな感じで1時間ほど進んだ、高崎駅でのこと。

若いお母さんと、幼稚園の年長さんくらいの男の子が乗って来ました。

ホームには、まだ若いおばあちゃんがお見送りに来ています。

すると私の背後から、その男の子が、

「おばあちゃん、大好きだよ〜!」と。

でも、新幹線の機械音がうるさくて、おばあちゃんにはその声は届いていなかったみたい。それを見たお母さんが、

「あっ、聞こえてないみたいだよ」そう言うと、もう一回、

「おばあちゃん、大好きだよ〜!」

私、生まれてこのかた、あんなにピュアに「大好きだよ」って人に言ったことあるかしら?

その子の顔を見たかったけど、いきなり振り向いたら変な人と思われちゃう。

私はホームにいるおばあちゃんの方を向いて、じっと背中越しに、その子の言葉を聞いていたのでした。

少年よ。あまりに、どストレート過ぎて、おばちゃん少しウルッと来ちゃったよ。

バッターだったら、三振だね。


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 15:30 | - | - | pookmark |
いつぶりの帰省…?
親不孝な私は、ホントにぐうたらで、

新潟の実家には、さて、いつ帰ったかな?

私も歳をとってきて、親のありがたみが分かってきて、そして親も歳をとってきて……

いつも「新潟に帰らないとなぁ」なんて思ってはいるのですよ。

でも寒くなって雪とか降っちゃうと「寒いから、暖かくなってからにしよう」なんて、またまた、ぐうたらな私……。

ところがこの週末、突然、思いたって、新潟に帰省することにしましたっ!

ゴールデンウイークの人がうじゃうじゃいる、この時期なのに……。

でも私が思うに、ゴールデンウイークのこの後半。いろいろと旅行していた人たちと、動きが逆行するのではないかと、そこを狙っているのです。

「ゴールデンウイークのすき間を狙って動こう作戦!」

成功するかどうかは、全くわかりませ〜ん(笑)

とりあえず、家族の顔を見て、そして、

80歳を過ぎている両親が車を運転していないかを確認しに、行ってまいりますっ!


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 14:24 | - | - | pookmark |
ワークショップをやる意味
今年は新宿625の第6回公演以降、舞台の予定がない私……。

ヒマもてあましちゃって、「ナンかする事ないかな〜?」状態。

でも良かった!見つけましたよ。

もう何年も前から、事務所の先輩、森田順平さんのワークショップに参加しておりました。

そのワークショップの演目が最近、変わりまして……

「宮城野」という矢代静一氏の作品をやる事になりました。

時代劇です。50分ほどの作品で、宮城野という娼婦と偽絵師の矢太郎の二人芝居。

恥ずかしながら、私はこの作品を今まで読んだことがなく…

でも読んで、一発で「やってみたい」と思いました。

女優心を相当くすぐる作品です。

でも今はなかなか、こういった作品は上演されることはないのですよ。

チョー有名な大女優さんがやるんだったら、話しは別なんでしょうが……

ワークショップとかで地味に伝えていくしかないんでしょうかね?

まあ、そういった作品なので他の20代のワークショップ参加者にとったら、とっても大変みたい。

江戸っ子のセリフが、どこかの国の言葉を言ってるみたいになったり、

あるいは、今まで聞いたことのない日本語が出てきて「意味が良くわかりませんでした」なんて子もいたり……。

私的には、娼婦っぽい動きや、その着物さばきがもう大変で、体がガキガキです。

体の固いのがうらめしい……。

そういえば私、今まで、時代劇なんて一度もやった事、なかったっけ。

新しい事、見〜つけた!

今はこの「宮城野」を頑張ってみよう。

また何かひとつ、いい事が待っているような気がする。


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 15:22 | - | - | pookmark |
3月12日の「情熱大陸」は…
今週3月12日のTBS「情熱大陸」に、わが劇団AUNの座長、吉田鋼太郎が登場です!

昨年の6月ころ…

劇団の公演「桜、散ラズ…」の稽古の時には、もうカメラが入っていました。

あれから、何ヶ月?

「情熱大陸」は30分番組だけど、一体どれくらいの映像を撮っているのでしょう?

さて、座長がマスコミで売れ始めるちょっと前、

「情熱大陸とかでピックアップされればなぁ〜」

なんて言っていたのを聞いたことがある。

…「言霊」

「ことだま」が降りて来た〜〜〜〜!

力のある人間のひとことは、現実になる。

夢とか希望とか、

それを人前で口にするのは少し恥ずかしい。

だって、それが実現しなかったらもっと恥ずかしいから。

だから、心の中でしか夢や希望を持てない。

でも、やっぱりそれじゃ「言霊」は降りてきてくれない…

「夢や希望は言葉に出そう」

今まで一生懸命にやってきて、力がある人ならば、

その人には「成功」という言霊が降りてきても良いはずだ。


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 08:44 | - | - | pookmark |
顔つきが変わる時
芝居が終わって一週間。

諸々の残務も一段階いたしました。

いろいろと「お疲れ様」メールも届きます。

その中で、ひとつ、ハッとしたメッセージがありました。

「ロビーで会ったら、沢海ちゃん、演出家の顔してたよ」って。

そういえば、俳優の小栗旬さんが以前、映画監督をした時のこと。

テレビのバラエティー番組にその映画の番宣で出ていたけど、彼、監督の顔してた。俳優の表情ではなかったのを覚えている。

そしてそして、

何ヶ月か前、豊洲問題で、久しぶりに石原慎太郎氏をニュースで見た。現役の都知事の時とはまるで別人!すごくおじいちゃんになっていてビックリした。

でも最近はニュースで見かけると肌に艶も出てきて、また元気になってきた気がする。豊洲問題は大変だけど…。大変だからパワーが出る!

環境や状況で顔は変わるんだよね。

ホント、簡単に。

私、「演出家の顔してたよ」って言われて、実はちょっと嫌だった。

決して、演出をする事が嫌な訳じゃない。

でも、私はやっぱり演じる方がしたいんだって…。

そんな私の本音を、私は知った。


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 13:57 | - | - | pookmark |
真冬のダイエット!それは演出…
こんにちは!

2月12日日曜。新鮮625第6回公演「ぬけがら」無事に終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!!

今回、私は演出のみで出演はしないという、初めての体験。

「ぬけがら」という作品は、やり始めて感じたんですが…

「素人演出の私がやるには、難しすぎたかな?」

と、やや弱気な日々が続きました(笑)

そのせいか食欲が落ち、痩せにくい真冬に痩せるという結果にっ!

本番中は毎回、客席で芝居を見守りました。

回によって芝居の出来が違い、客席でもだえ苦しむ日もありました。

そんな日は、終演後のお客様の顔をまともに見れなくて…

演出とは、なんと胃が痛くなる作業だろうと思いました。

あっ!もちろん芝居の評判は上々でしたよ!

毎日、同じ芝居を見ている私だけの感想ですから(笑)

全てがおわり、失敗も成功も含め、今回、一番自分に言い聞かせたこと、それは、

「サボるなっ!」

ってこと。

キャリアも積んで、生活も少し良くなってきて…

知らない間にシロアリ同様「サボり虫」に足元を食われがちな中年…

そんな私。

「サボるなっ!」

今一度、ふんどしを締め直した次第です。

ホントのふんどしは締めてないけど…(笑)


ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 12:33 | - | - | pookmark |
12月総決算!
大晦日でございます。

今年の12月は、まあ、時間が過ぎるのが早いこと、早いこと。

なぜって、

秋にひとつ芝居が終わり、すぐに2月の新宿625公演「ぬけがら」の準備に入ったからなんです。

私、今回は出演はせず、演出に専念いたします。

なんですが…、

久しぶりに、劇団AUNから集合がかかりました。

1月に、あるイベントがありまして、そこで20分ほどの芝居を上演するぞ!ということでした。

構成、演出は、我が劇団の座長、吉田鋼太郎です。

そして、やるのはシェイクスピア!

久しぶりじゃ〜!テンション上がる〜!

シェイクスピアを長年やってきた鋼太郎さんならではの構成で、愛の世界が繰り広げられます。

稽古では、テンションにまかせ、私、サビついた体に鞭打って動きました。

そしたらやっぱり体にきました。

至る所が筋肉痛です(笑)もう、ビックリ!こんなに簡単に筋肉痛になるものなのか?

どんだけ運動不足なんだ〜〜〜〜〜〜〜!

さらに久しぶりにしゃべるシェイクスピアの台詞は、口は回らないは、感情の調整が大変だはで、リハビリが必要だと感じました。

「シェイクスピアをやるのは、心身ともにタフじゃないとできないなぁ」

そう再認識した次第です。

そんな訳で、

新宿625では、演出を。

劇団AUNでは、出演を。

さらにさらに、

海外ドラマ「エージェントオブシールド」のコールソン役クラーク・グレッグさんが初来日!

何人かで楽屋にお邪魔して、記念写真を撮らせていただいたりして。

12月は、芝居がらみのイロイロな事があって、ホントに贅沢な月でした。

明日から2017年!

来年はまた新たなスタートがきれる事を期待して………。


皆さま、良い年をお迎え下さいませ。

来年も、どうぞよろしくお願いします。



ソーミ
| 沢海陽子 | お茶の間(日記) | 12:42 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ PROFILE
+ リンク
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ LINKS